林住期日記・・・北の森から(準備中)

『私が森に行って暮そうと心に決めたのは、暮らしを作るもとの事実と真正面から向き合いたいと心から望んだからでした。生きるのに大切な事実だけに目を向け、死ぬ時に実は本当は生きていなかったと知ることのないように。暮らしが私にもたらすものからしっかり学び取りたかったのです。私は、暮らしとはいえない暮らしを生きたいとは思いません。私は今を生きたいのです。 』 (ソロー『ウォールデン 森の生活』 今泉吉晴/訳 ) 

2020年07月

京都御苑(御所)にアオバズクが来ているとの情報を得て、
急遽京都にワープ(笑)。
P7010163 (3)
いました!
ここは御所北部にある松の木の巨木にかけてある大きな巣箱。
営巣中のようで親鳥が窓から外をじっと眺めています。
P7010163 (2)
中にはヒナがいるようです。
松の木の枝にはつがいの片方がとまっていることが多いようですが、
この日は気が付きませんでした。
IMG_8902
静かに見守ってやりましょう。

もう一か所のポイント。
御所の南部。
P7010233
ここにあるクスノキの大木にとまっています。
P7010248 (2)
おなかの木の葉模様がはっきりと見えますねえ。
P7010272 (2)
目がかわいい!
でっぷりおなかはトトロのようですね。
実はトトロもクスノキに棲んでいて初期設定の名前はミミンズクだったそうです。

以下オマケ
P7010185 (2)
梅にメジロもいいですが、
緑の木の葉にメジロもいいですね。
P7010183 (2)
エナガもいました。

Aさん、コメントでの情報提供ありがとうございました!

函館山は陸側からみると牛が寝そべっているように見えるので臥牛山とも呼ばれています。
では、海側から見るとどんな風に見えるのでしょうか?
IMG_8664
こんな風でした。
なんというかスッポンかツチノコのようですね(笑)。
IMG_8652
左奥に駒ヶ岳。右に函館山。
ちょっと珍しい構図でしょうか。
こうして見ると函館山はやはり島ですね。
砂州で陸とつながった陸繋島です。
函館山はかつて津軽海峡をにらむ軍事要塞として砲台が設置されていましたが、一度も火を吐くことなく役割を終えました。
IMG_8798
これは裏夜景で有名な城岱牧場から見た函館山。
やっぱ島ですねえ。

↑このページのトップヘ