林住期日記・・・北の森から(準備中)

『私が森に行って暮そうと心に決めたのは、暮らしを作るもとの事実と真正面から向き合いたいと心から望んだからでした。生きるのに大切な事実だけに目を向け、死ぬ時に実は本当は生きていなかったと知ることのないように。暮らしが私にもたらすものからしっかり学び取りたかったのです。私は、暮らしとはいえない暮らしを生きたいとは思いません。私は今を生きたいのです。 』 (ソロー『ウォールデン 森の生活』 今泉吉晴/訳 ) 

2019年12月

京都の家の大掃除らしきものを終え、今日も探鳥散歩。
今日はジョウビタキのメスをさがすぞ。
ということで昨日オスがいた小畑川のポイントに。
やはりヤツはいた。
PC290001 (3)
柵にとまってぼーっと川の方を眺めている。
お前もメスをさがしているのか?
PC290186 (2)
背中に哀愁が…
PC290035 (2)
メスはどこだー
って、そこはカワセミくんの定位置だぞ。

やはりメスは見当たらない
セキレイはたくさんいるんだけどなあ
PC290136 (2)
↑ キセキレイ
うつくしい!
PC290288 (2)
↑ ハクセキレイ
冬の装いなのか、ずいぶん白い
PC290296 (2)
↑ セグロセキレイ
さすがに黒い
PC290308 (3)
↑ ハクセキレイの背後に忍び寄るセグロセキレイ(笑)
PC290218 (3)
シギもいる。
おなかが白いのでイソシギかな?
腹黒い市議でないことは確か。
PC290183
エサ探しに余念のないコガモさんたち

で、メスのジョウビタキはどこだー
PC290175 (2)
あー、あんなところに
ぼけぼけでした



やっと冬鳥のジョウビタキが撮れた
去年の冬にもよく見かけた小畑川のいつもの場所
今年も渡ってきている
PC289925 (2)
色がきれいなオスのジョウビタキ
羽根の白い斑点がトレードマーク
PC289949 (2)
曇天の夕方
ちょっと暗いなあ
PC289967 (2)
おなかはカワセミと同じオレンジ色
前の小枝がじゃま

メスも撮りたいのだが、地味なのでなかなか見つけにくい
オスは派手なんだけどなあ(笑)

昨日(12月15日)もいい天気で再び大蛇が池へ
冬鳥のジョウビタキを見たかったのだが姿はなく
前回のようなカラ軍団もエナガも見かけず
コゲラまで姿を消した
日曜日なので人も多く、野鳥もお休みか…
とあきらめかけていると
PC159888 (2)
いました
池の鉄柵にとまってたたずむカワセミくん
じっと水面をながめて身動きせず
冬なので魚の活性もにぶく、なかなか獲物がみつからないようだ。
PC159793 (2)
もはやひなたぼっこモードか(笑)
視線の先では
PC159738 (2)
カワウが魚をみごとゲット!
うらやましいねえ

小畑川でも
PC159683 (2)
うつくしい!
PC159692 (2)
シラサギも
くちばしが黒く足先が黄色いので
たぶんコサギ
PC159659




昨日「はこだて検定」の合格証が届いた。
IMG_7911[2204]
得点も通知されていて、82点とのこと。
うーん、微妙な点数(笑)。
合格点は70点だが、目標として90点ぐらいをめざしていたんだけど、それにはちょっと及ばず。
まあ、函館市民でもないベタな関西人が、これぐらい取れたのは善戦ということにしておこう。

集計表も入っていた。
透明性のある検定で好感が持てる。
IMG_7908[2202]
初級の平均点は66.3点、合格率は47.1%だった。
最高得点が96点。
満点の人はいないんだなあ。

上級は平均点64.0点、合格率9.9%。
合格点が80点のところ、最高得点が86点なのでやはり難関だ


さて、京都の話題。
これまで洛西で野鳥を見るには小畑川と思っていたのだが、今日大蛇が池に行ってみて、ここも野鳥の宝庫だと実感した。
普段は池に浮かぶ水鳥にばかり目が行くのだが、周囲の雑木林を歩いてみると、すごい数のカラの混群が。
定番のシジュウカラ、ヤマガラに混じってエナガ、メジロそれにコゲラまでいる。
PC109255 (2)
北海道のシマエナガもかわいいけど、やっぱりエナガもかわいいねえ。
PC109282 (2)
わりと警戒心乏しく、かなり接近しても逃げない。
PC109389 (2)
池のほとりのアシ原に移動
PC109385 (2)
目が合ってしまった
PC109345 (2)
なにかエサを見つけたようだ

PC109266 (2)
紅葉の中では目立ってしまうメジロ
PC109420 (2)
カキの木に移って最後にひとつ残った果実を食べている
PC109394 (2)
こちらもかなりの近距離

PC109319 (2)
これは日本最小のキツツキ、コゲラ
PC109327 (2)
カラに混じって結構な数がいた
PC109329 (2)
ばいばいー(ピンボケ



↑このページのトップヘ