林住期日記・・・北の森から(準備中)

『私が森に行って暮そうと心に決めたのは、暮らしを作るもとの事実と真正面から向き合いたいと心から望んだからでした。生きるのに大切な事実だけに目を向け、死ぬ時に実は本当は生きていなかったと知ることのないように。暮らしが私にもたらすものからしっかり学び取りたかったのです。私は、暮らしとはいえない暮らしを生きたいとは思いません。私は今を生きたいのです。 』 (ソロー『ウォールデン 森の生活』 今泉吉晴/訳 ) 

2018年12月


北海道プレ移住一年目が終わる。
リフォームやら不要木の伐採やらあれこれ作業をしたが
肝心な菜園の開墾が十分にできなかった。
当初はそこそこ広い菜園を作ろうと考えていて
実際にそれだけの敷地面積はあるのだが
木を何本も伐採伐根しなければ畑にはできない。

しかも前オーナー氏が実にうまい具合に自然の植生を生かし
森林公園のような庭に仕立て上げられているので
それを潰して菜園にするのは忍びない。

ということでとりあえず台所の窓から見える場所に
木枠で囲んだ一坪ほどのキッチンガーデンを作った。
そこにネギ、小松菜、春菊、ミツバ、カブ、リーフレタス等
日常的に食べる葉物野菜を栽培した。
日当たりが悪い小さな小さな菜園だが、次々と収穫ができた。
IMG_5555
同じく裏庭なのだが
もう一か所わずかな日あたりスペースを見つけ
葉物野菜のほか、ニンジン、インゲン、ジャガイモなども育てた。
IMG_5553
これだけではあまりにも狭隘なので
この向こうに見える紅葉群を伐採し拡張する計画を立てたのだが
紅葉が思いのほか見事だったので断念することにした。
IMG_5685
土を掘り起こし火山岩などを撤去し黒土を客土した。
これで少し拡張できたが面積にして15㎡ほど。
滋賀県で借りていた農地が300坪ほどだったのと比べると
あまりにも小さいが、とりあえずこれからスタートしよう。
IMG_5687
思えば10年ほど前
初めて菜園を始めたのが15㎡の貸農園だった。
それから徐々に広い畑を借りていき
最終的には一反の休耕田を三人でシェアするに至った。
今回ふたたび15㎡からの再スタート。
またすこーしずつ広げていこうと思う。
IMG_5733
課題は多い。
火山灰の土壌、初夏の霧による日照不足、低温。
それでも気候に合う作物を選べば何とかなるだろう。
一からの土づくりも楽しいものだ。

来年雪が溶けたらもう二畝ほど拡張したい。
そして果樹を植えるスペースも確保しよう。

では、みなさんよいお年を。





暖冬がどうのこうの言っていたが
あれは遠い過去の話で
いまや北海道は雪だらけのようだ
既に北海道から逃げ出してきたので「ようだ」としか言えない
厳寒期の北海道を体験してみたかったのだが
その楽しみは来シーズンに取っておこう

そのかわり冬の日本海は十分堪能した
IMG_5855[1165]
波の高さは4-5m
数少ない冬の客を乗せてフェリーは突き進む
浴室は危険なので閉鎖
レストランも麺類は販売中止
フライングカーペット状態の中タダ寝て過ごすだけ
それでも不思議と船酔いはしなかった
酒には弱いが乗り物には強いようだ
IMG_5859[1166]
晴れ間も一瞬で空はどんより雨が降ったりやんだり
虹が海に突き刺ささる!

エルニーニョ現象が暖冬をもたらすというのは
北日本ではあたらないようだ
関西は前評判どおり暖冬だろう
とはいえ年末年始は第一級の寒波がやってくるらしい

関西に帰り、私は久しぶりの受験勉強を始めた
なにのって?
それは受かるまで秘密


買い物のついでに大沼公園に立ち寄ってみた。
昨日の雪は大沼方面では大して降らなかったようで
平地にはほとんど積もっていない。
駒ヶ岳の雪もさほど増えたようには見えない。
PC024363
湖面の日陰の部分にはうっすらと氷が張っていた。
PC024372

少し離れているだけなのに雪の降り方はずいぶん違うものだ。
IMG_5818
こちらはわが林住庵がある雑木林の中の道。
今日は日差しが暖かく気持ちよく散歩ができる。
雪は少し緩んでいるが気温が高いので凍結はしていない。
これぐらいの雪が一番歩きやすい。
めったに車も通らず自分の足音と野鳥の声しか聞こえない。

下り坂で一歩踏み出す時、つい前足に加重をかけてしまう。
後ろ足を曲げ、そのまますうっと滑っていくような気がする。
身についたテレマークスキーの感覚(笑)
そういえば長い間スキーをしていない。
道具は関西に置いたままだ。








前回の雪もすぐに融けてしまった。
今日は日中も気温が上がらず、昼前からまとまった雪が降り
短時間で10センチほどの積雪になった。

しかし明日と明後日はぽかぽか陽気の予報。
その次の日は暖かい雨。
今回の雪も融けてしまい根雪にはならないだろう。
週の前半は暖かく、後半は寒い。
この繰り返しが続いている。
IMG_5802[1029]

夕方には早くも青空が
ムラサキシキブの実に砂糖をまぶしたようでおいしそう。
残念ながら人間には食べられない。
シマエナガに食べに来て欲しい。
IMG_5808 - コピー

来週後半は今回以上の寒波がやってくるようだ。

↑このページのトップヘ