林住期日記・・・北の森から(準備中)

『私が森に行って暮そうと心に決めたのは、暮らしを作るもとの事実と真正面から向き合いたいと心から望んだからでした。生きるのに大切な事実だけに目を向け、死ぬ時に実は本当は生きていなかったと知ることのないように。暮らしが私にもたらすものからしっかり学び取りたかったのです。私は、暮らしとはいえない暮らしを生きたいとは思いません。私は今を生きたいのです。 』 (ソロー『ウォールデン 森の生活』 今泉吉晴/訳 ) 

長かった宮仕えをリタイヤし、さあ人生のリ・スタート。
若いころ鉄馬で駆け回った北の大地に移り住み、森の中に庵を構え、「林住期」をエンジョイしようとたくらんでいます。

やはり、キタキツネはどこにでもいる。
道東とかに比べると、見かける頻度は少ない気がするが、
車の運転中に見かける野生動物でいちばん多いのはキタキツネだろう。
このように森の中の道のど真ん中でぼんやりと過ごしていることもある。
P5242603

カメラを向けると面倒くさそうに振り向いて、ゆっくりと去っていった。
P5242600

冬のキタキツネはふさふさしていてかわいいが、
夏毛になると少し貧相になる。
冬毛から夏毛に変わる頃がいちばんみすぼらしい。
ちょうどその時期、庭のバードバスの水を飲みに来たやつがいる。
一瞬ぎょっとするほどの姿だった。
P5302619

P5222582
最初に来てくれたのはメス。
P6162735
どことなくおっとりしていて所作がメスっぽい(笑)。
P5202533
耳の上の長い毛と脇腹の白毛が特徴。
P6052711 (1)
おてんばな面も。


P6162841
最近登場したオスっぽいエゾリス君。
P6162819
ちょっと小柄で動きは軽快。
P6162807
耳の上の毛は見当たらず。
P6162815
食後に水をぐびぐびと(笑)。




P4172350
P4172342
P5172456
P5202461
P5222581
P6052721
P5242603
P6032665
P6032637
P6042693
P6042681

元気にしております(笑)

↑このページのトップヘ